どんな内容?

1.カウンセリング

事前に提出していただいたヒアリングシートに基づき、コンサルティングを受ける目的やお困りごとについてお聞きします。
ヒアリングシート

2.パーソナルカラー診断

パーソナルカラー4タイプと6ゾーン

パーソナルカラー理論では、ベースカラー(イエローベースまたはブルーベース)、色相(色み)、彩度(色のあざやかさ)、明度(濃さ)の違いによって、4つのカラーグループ(春・秋・夏・冬)に分類しています。
パーソナルカラー4タイプ
  • イエローベース
  • 全体的に黄みがかった、明るく、あざやかな色
  • 若々しく明るいイメージ
  • 春のお花畑・新緑のような雰囲気
  • 「彩度」高い(あざやか)
  • 「明度」高い(明るい)
カラーチャート
  • イエローベース
  • 全体的に黄みがかった、くすんだ濃いめの色
  • シックで落ち着いたイメージ
  • 紅葉色やアースカラーでリッチな雰囲気
  • 「彩度」低い(くすみがある)
  • 「明度」低い(色が濃い)
カラーチャート
  • ブルーベース
  • 全体的に青みがかった、明るく、くすんだ色
  • ソフトでエレガントなイメージ
  • アジサイの花の色がぴったり
  • 「彩度」低い(くすみがある)
  • 「明度」高い(明るい)
カラーチャート
  • ブルーベース
  • 全体的に青みがかった、ハッキリした色
  • ビビットでクールなイメージ
  • 「彩度」高い(あざやか)
  • 「明度」低い(濃い)ものと高い(薄い)もの
  • ※中途半端な明るさの色では顔色がぼやける
カラーチャート
パーソナルカラー6ゾーン
左記上記の図は、右上方から太陽が当たっているとイメージしてください。下側は地面です。
右側のイエローベースは陽が当たって暖かいイメージ。
左側のブルーベースは日陰の涼しいイメージ。

上下、左右、斜めの6つのゾーンがあり、それぞれ以下の名称としています。
  • ①右上の春タイプと右下の秋タイプをウォームゾーン
  • ②左上の夏タイプと左下の冬タイプをクールゾーン
  • ③右上の春タイプと左上の夏タイプをライトゾーン
  • ④右下の秋タイプと左下の冬タイプをディープゾーン
  • ⑤右上の春タイプと左下の冬タイプをブライトゾーン
  • ⑥左上の夏タイプと右下の秋タイプをミュートゾーン

パーソナルカラー診断の流れ

1
1) パーソナルカラーについての説明
  • 色見本をお見せしながら「ベースカラー」「色相」「彩度」「明度」について、カラーグループのそれぞれの特徴を説明します。
2
2) 鏡の前に移動して診断
  • 自然光のもと、すっぴんの状態でさまざまな色の布をあなたの顔の近くに次々と当てます。当てられる布によって起こる顔色の変化を、私と一緒に見ていきます。布の色の違いによって、お肌がくすんで見えたり、パッと輝いて見えます。調和する色とそれ以外の差を、しっかりとご自分で体験なさってくださいね。肌に透明感が増し、目もキラキラ輝き、髪もツヤツヤして見えることに驚かれるでしょう。
3
3) パーソナルカラーの決定
  • 一番調和するカラーグループのことをベストカラーまたはファーストカラー(1st)と呼びます。次に、二番目に調和するカラーグループをセカンドカラー(2nd)と呼びます。2ndカラーがキーになり、2ndカラーがどのカラーグループなのかによって、ゾーンが決まります。

3.パーソナルスタイル診断

どんな服装が調和するかを知るには自分のパーソナリティを知ることから始める必要があります。私は体型から調和する服装のスタイルを選ぶのではなく、自分の軸となる行動特性から選びます。
行動特性とは物事の考え方や行動面の特徴です。行動特性に洋服を合わせると内面と外見が調和して魅力が際立ちます。パーソナルスタイルを見つけるには、まず行動特性タイプを見つけ、そこから調和するファッションスタイルを導き出します。

行動特性タイプ

行動特性というのは、その人の志向性や考え方といった行動パターンです。
例えば、気の許せる友人4人と居酒屋へ行ったとします。
はじめにどんな行動をとるかイメージしてみましょう。
  • ①みんなビールでいいよねと、さっさと決める人
  • ②メニューを広げ、みんな何にする? と聞く人
  • ③取皿やおしぼりを配る人
  • ④自分の好きなものをオーダーする人
  • ①を統率者タイプ、②を支援者タイプ、③を分析家タイプ、④を演出家タイプといいます。

詳しくは、著書『ダメなのは自分じゃない。服の選び方だった!』の中に、ご自分でできる心理テストがありますのでお試しください。

パーソナルスタイル

行動特性タイプの結果をパーソナルスタイルに当てはめます。
  • ①統率者(コントローラー)タイプ→ファッショナブルタイプ
  • ②支援者(サポーター)タイプ→ナチュラルタイプ
  • ③分析家(アナライザー)タイプ→エレガントタイプ
  • ④演出家(プロモーター)タイプ→ラブリータイプ
たとえばナチュラルタイプは爽やかで一見スポーティーに見えますが、実際にスポーツができるかどうかは関係ありません。人は見た目で「この人にはできそう」「この人には無理そう」と勝手に判断しています。この期待値は、言い換えれば社会的役割とも言えます。社会的役割には、それぞれ期待値があります。私が提唱するパーソナルスタイルとは、「あなたは世間からそのように見えています、だから、そういう外見に整えると良いです」ということ。そのほうが安心感・信頼感を相手に与え、誤解を招かないし、理不尽な思いをしなくて済みます。大切に扱われるようにもなります。つまるところ良いこと尽くし!
パーソナルスタイルは、あなた自身が考える「本来の自分」ではないと思われるかもしれません。これは言うなれば「仮面」です。文明社会において人との交わりなしに生きていくのは困難です。世間から○○のように見えているなら、○○のように振る舞う方が身を守るためにも有効です。「期待に応える」という言葉があるように、そのように振る舞うことは社会生活が上手く回るために必要なことです。ある意味「仮面」を付けて、そのように演じることも社会生活を営むうえで自分の身を守る手段となります。選ばれる技術と言い換えても良いでしょう。一回だけ選ばれる人ではなく、選ばれ続ける技術です。

パーソナルスタイル診断の流れ

実は、あなたに会う前の申込みの段階から診断を開始しています。メールのやり取りから始まり、始めてお会いして、あなたが見せるちょっとした表情、動作、会話の受け答えなど、これらのすべてが、どのパーソナルスタイルなのかを分析する材料となります。

性格を分析して判断するのですか?と聞かれますが、性格ではなく行動です。
行動特性タイプを見つけるには、その人の志向性や行動癖からある程度見当を付けることができます。
表面的な行動ではなく、深層心理を読み解いています。
1
1) パーソナルスタイルの説明
  • パーソナルスタイルについて有名人を例に挙げながら説明します。
2
2) 心理テストを用い対話をしながら診断
  • チェックリストを用い、さまざまな質問をして対話をしながら言葉を引き出し、あなたの個性を見つけます。お互いにすり合わせ、納得したうえでタイプを絞り込みます。
3
3) パーソナルスタイルの決定
  • 行動特性タイプの結果からパーソナルスタイルを決定します。
    服の選び方について説明し、さらに話し方、動き方、歩き方、写真のポージングなど、立ち居振る舞いもアドバイスします。
パーソナルスタイルには重要な役割があり、受診時にはその重要性について詳しく説明をします。
私が一番力を入れてお伝えしたいところです。
ご不明な点については、その場でお答えします。さまざまななぜ? の部分がわかると、すぐには理解できなくても、だんだんと納得できるようになります。

メイクレッスン

パーソナルカラーとパーソナルスタイルがわかったら、最後の仕上げのメイクです。
パーソナルカラーに基づいた化粧品の選び方と、シンプルにできる方法をお教えします。
難しい技術は必要ありません。
コツを覚えるだけで、簡単にキレイなメイクが、毎日ご自分でできるようになります。
1
メイクレッスンの流れ
  • お手持ちのメイク道具とパーソナルカラーメイクとの違いを一つひとつ確認しながら、 魅力が引き立つ色の選び方、描き方のコツをレクチャーします。コンプレックスがチャームポイントに変わるのがわかります。美は細部に宿ります。アイブロウは眉尻、アイラインは目尻、口紅は唇の端っこがポイントになります。眉の描き方やチークの入れ方も知っているのと知らないのとでは見え方に差が出ます。苦手なパーツの描き方を覚えましょう。
  • 1.ファンデーション
  • 1.ファンデーション
  • 2.フェイスパウダー
  • 2.フェイスパウダー
  • 3.チーク
  • 3.チーク
  • 4.アイブロウ
  • 4.アイブロウ
  • 5.アイシャドー
  • 5.アイシャドー
  • 6.マスカラ
  • 6.マスカラ
  • 7.口紅
  • 7.口紅
2
記念撮影
  • パーソナルカラーの布でコーディネートして、美しくメイクした姿を撮影します。

4.お買い物同行

目的、ライフスタイルやご要望をお聞きしながら、カウンセリングにて導いたイメージに合わせ、フォーマル・ビジネス・カジュアルのTPOに応じた最上のスタイリングを構築・ご提案します。
目で見て、手で触り、実際に試着して、スタイル良く見えていることを実感することが大切です。ほとんどのお客様が頬を紅潮させ「私じゃないみたい」と鏡の前でうっとりされます。試着室から出られた瞬間を見るのが一番好きです。どのお客様も「絶対に一人では選べなかったです」と言われます。着るだけで勇気と自信が湧いてくる、特別な一着となるでしょう。
お買い物同行の大きな目的は二つあり、一つ目は「絶対的な似合う」を体感していただくこと、二つ目はどんなものを選べば良いのか理解できるようになることです。無理に買う必要はごさいませんのでご安心ください。

  • ※お買い物同行はコンサルティング当日にもお受けできますが、お客様に最高の提案をさせていただきたいので別日を推奨します。
  • ※コスメ用品、オーダースーツ(テーラー同行)も承ります。
  • ※お買い物同行は何度でも受けることができます。
PAGE TOP
Copyright (c) NOTICE All Rights Reserved.