K子の稽古
K子の稽古

K子の稽古

私がファションの仕事をしているワケ

ご訪問ありがとうございます。
心理カウンセラーの資格を持つ渋谷のファッション心理セラピスト®&服飾戦略スタイリスト冨山敬子です。服飾心理メソッド®を使い、あなたの人となり、魅力、品格を装いの力で見える化します。

 

なぜ私が今の仕事をするようになったのかを書きます。

 

 

私、冨山敬子は1965年1月広島県広島市に生まれました。
地元の高校を卒業後、旧住友信託銀行へ入社。
職場結婚、女の子を二人授かり、平凡な専業主婦でした。

 

 

31歳のとき乳がんが見つかりました。長女3歳、次女1歳。
進行性スキルス癌、5年生存率10%。
すでに2か所に転移。悩む間もなく、右側乳房全摘出を選択。
抗がん剤の投与で、長かった自慢の黒髪は全部抜け落ちました。
胸と髪を一度に失い、女性としての自信も失いました。

 

 

退院後、初めて子どもとお風呂に入る日はとてもとても勇気が要りました。
頭はつるっぱげ、胸も片方ない、ガリガリで術後の傷跡も汚くて、まるでゾンビ。
「こんなママ、気持ち悪いよね」と言う私に、長女は「ママはママだよ」と。
泣きました。長女を抱きしめ、涙が止まりませんでした。

 

 

そうだ、落ち込んでいる場合じゃない。
この子たちのために何としてでも生きねば。
私がいつ死んでも困らないように躾は厳しく育てました。
再発を恐れながらも毎日を精一杯生きました。

 

 

そんなある日、夫の借金が発覚。
翌日から私は元の職場である銀行で派遣社員として働き始めました。
長女小学3年、次女小学1年です。
なぜ夫の借金返済のために、こんな体で働かなくてはいけないのか、
子どもたちも可哀そうだと、悶々としました。
が、同時に「○○ちゃんのママ」ではない、「冨山さん」と呼ばれることで、
一社会人、一人の女性として扱ってもらえる喜びも感じました。
それまでは扶養家族で、妻として、母としての役割しかなかった私の
自我の萌芽となったのは間違いありません。

 

 

始めはパート勤務でしたが、半年たたないうちにフルタイムへ。
自分だけの健康保険証を手にしたときは、得も言われぬ喜びを感じました。

 

 

たまたま通勤途中に受け取ったチラシが、その後の運命を大きく変えました。
アイムパーソナルカレッジという女性のためのビジネススクールの入学案内。
即ライタースクールに入学しました。
ここで「自分の人生は自分の足で歩く」ことに完全に目覚めました。
その後、派遣社員を辞めてフリーランスライターとして全国を飛び回るほどに。

 

 

借金返済も終わり、再発を恐れていた10年が過ぎ、
ようやく自分のことに関心が向くようになりました。
「綺麗なブラをつけてみたい。自由に服を着てみたい」
昔のようにお洒落したい気持ちがむくむく。
あの当時、医療用ブラはお洒落とは程遠いデザイン。
色の選択は少ないし、肩ひもは太く、後ろのフックは太い。
そもそも傷跡を隠す設計なので、牛さんのブラかと思うほど大きい。
とにかくダサイ。

 

 

そんなわけで、首元のつまった服を必然的に選ぶし、
ノースリーブは論外、半袖でも腕にピタッとしたものしか着ません。
脇から胸が見えて、胸のないことがばれてしまうのが怖かったからです。
胸のラインが出ないもの、大きなブラが透けて見えないような服を選びました。
薄物の季節は本当に困りました。
暑くても重ね着するか、濃い色を着るか、シャツを着るか、羽織もので誤魔化す。
お洒落とは程遠い、胸を隠す服でした。

 

 

こんな人生が死ぬまで続くのは嫌だと思ったから、再建手術を決意。
7か月間に6回の手術を経て、
それはそれは美しいおっぱいが完成しました。
手術前のヒアリングで、胸をどの大きさにするか決めます。
元々の大きさであるCカップを希望しましたが、
カウンセラーの方に「せっかく手術するんだから、大きくすればいいのに」と。
で、完成したらEカップ。巨乳です。牛みたい(笑)

 

 

とうとう待ちに待った、その日がやってきました。
10年間着けることのできなかった憧れの美しいブラを買いに行きました。
そして、胸元が大きく開いたVネックのワンピースを着てみました。
狭い試着室で、嬉し過ぎて飛び上がらんばかり。文字通り小躍りしました。
涙が出ました。
涙が出るほど嬉しいときって本当にあるのだとわかりました。

 

 

お洒落するのがこんなにも嬉しくて楽しいなんて。
お洒落はこんなにも気持ちを明るくしてくれる。
ファッションは生きる希望を与えてくれる。
お洒落って楽しい。

 

 

これが、私がファッションの仕事をするようになった原点です。

 

 

その後、リストラされて云々の話はHPや自著にも書いてある通り。

https://www.imageup-notice.com/guide/index.html

しぎはらひろ子先生を師事し、服飾戦略スタイリストとなり、
服には大切な役割があることを学びました。
似合うとか似合わないという次元ではなく、
服に対する根本的な意識が変わりました。

 

 

自分が好きな服、つまり自己目線(自己満足)で選んだ服と、
相手目線(信頼・評価・好感)で選んだ服とでは、生涯年収も変わります。

 

 

だから私にとってのファッションは、二つの柱があるのです。

 

 

一つは、乳がんの体験から得たファッションの楽しさ。
もう一つは、リストラの体験から得たファッションの大切さ。

 

 

そのどちらも大切で、お伝えしたいものに違いありません。

 

 

ファッションの楽しさは、ファッションスタイリングコースで。
ファッションの大切さは、イメージマネジメントコースで。

 

 

いずれにしても、ファションは人生を変えるきっかけとなります。
新しい扉を開いてくれます。
ファッションを通してあなたの未来が輝く応援をします。

 

 

 

 

お知らせ☆
セミナーテーマ「望む未来を手に入れる
【セミナー開催日】
12月14日(金)19時~21時 @渋谷 NOTICE    2,000円 定員5人(残席1)
1月18日(金)11時~13時 @広島廿日市 3,000円 定員10人  SEIKOフジオカさんとのコラボセミナー
※終了後は懇親会を予定しております。

 

申込方法はこちらへ
備考欄にセミナー希望と記入してください。

 

お読みいただきありがとうございました。
一日一回、下記のボタンをワンクリックお願いいたします↓


こんな記事をやって欲しいというリクエストがありましたら
メッセージをお気軽にくださいね。
お問い合わせはこちらへ
料金・アクセスはこちら
【12月の予約可能日】23日、24日、25日、28日
【1月の予約可能日】5日、6日、26日(平日はお問い合わせください)
1月中旬からSALEが始まります。お買い物同行をご希望の方はお早めに。

PAGE TOP
  • NOTICE
  • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル
Copyright (c) NOTICE All Rights Reserved.