K子の稽古
K子の稽古

K子の稽古

『シング・ストリート 未来へのうた』

ご訪問ありがとうございます。
未来を着る。なりたい私になる服選び
ファッション心理セラピスト®冨山敬子です。

 

久々に骨太の映画に出会いました。
『シング・ストリート 未来へのうた』
1985年のアイルランドを舞台に、音楽と恋愛がテーマのジョン・カーニー監督の作品です。

 

 

主人公は音楽好きの兄を持つ15歳の男子高校生。もう子どもでもなく大人でもない、大人の階段を上り始めたあどけなさの残る少年コナー。美女に心惹かれ、彼女の気を引くためにバンドを組み、当時の最先端であるMV(ミュージックビデオ)を制作することになります。音楽好きの兄の助言を受け、カバーバンドは止めて、様々なグループの音楽から学び、バンドオリジナル曲を作っていきます。

 

 

コナーのお兄ちゃんの言葉がまたいいの。この映画はじーんとくる台詞が随所にちりばめられています。「ロックをやるなら、冷笑されることを覚悟しろ」と。人に笑われても音楽をやる、その覚悟を持てと。

 

 

それを聞いた素直なコナーは奮起し、作る過程でまずはカタチからと、大人しい坊ちゃんスタイルだったのが、当時流行り出したニューロマ系スタイルを取り入れ、髪型、メイク、ファッションといった外見のビジュアルを変えていきます。次々と新しいサウンドに影響を受けるたびに音楽もビジュアルも変化していきます。「ジャンルは未来派」と名乗るコナーがオリジナルの曲や方向性といったスタイルを見つけるまでの模索、様々な葛藤と成長が、観ている私にワクワクを与えてくれました。

 

 

終盤に向かって歌も演奏もどんどん上手くなるし、気弱に見えたコナーがだんだんと大人の男の色気を発揮して、ビジュアルの七変化にもドキドキしました。ウサギ好きのエイモン(彼も素敵)との曲作りも男同士の友情を感じ、なんかいいなーと思ったり。真夜中だって、試験があっても、好きなことやりたいことだけに夢中になって、ただただ夢に向かって一直線にひた走る、若いっていいなと。80年代に高校生だった私は自分の過去を重ねながら感情移入して見入っておりました。

 

 

ここ最近30本近く映画を観ましたが、これは長く心に残りそうです。日本では2016年に公開されているのですが、見逃しておりました。出会えてよかった♡

 

 

ファッションも同じなんですよね。自分のスタイルを見つけるまではあれこれ模索し、なんとなくの方向性を見つけて、あーでもないこーでもないとトライ&エラーの繰り返し。その作業を経て、自分のしっくりくる自分流のファッションスタイルを見出していくのだと思います。初めは誰かの真似(コピーバンド)からスタート。そのうち自分の手で自分の未来を切り拓いて(オリジナルバンド)いけばいい、そう思います。自分にしっくりくると思っていたスタイルも、時代や気分とともに変わってくると思うし。自分を慈しみ、ファッションを自由に楽しみながら幸せを感じながら日々を過ごせますように。

 

 


 

横浜・関内 レンタルドレスサロン By Magic
https://www.by-magic.com/shopinfo/

 

<冨山のスケジュール>
月木金:レンタルドレスサロン
火土日:コンサルティング、お買い物同行、セミナーなど
水曜日:お休み

 

お読みいただきありがとうございました。
一日一回、下記のボタンをワンクリックお願いいたします↓

 


こんな記事をやって欲しいというリクエストがありましたら
メッセージをお気軽にくださいね。
お問い合わせはこちらへ
料金はこちら

PAGE TOP
  • NOTICE
Copyright (c) NOTICE All Rights Reserved.